Healthy and Beauty

増えること

インプラント挿入による施術

美容整形医療の発達により、以前よりも気軽に豊胸術を受ける女性が増えてきています。豊胸術には、日帰りのプチ整形から本格的な手術まで色々な種類があり、価格や仕上がりも異なってきます。豊胸術の種類は、大きく分けて以下の3種類です。1つめは、インプラント挿入による豊胸術です。脇の下のシワに沿って皮膚を切開し、大胸筋や乳腺の下にシリコンバッグなどのインプラントを挿入します。バッグが乳腺を傷つけることはないので、授乳も可能です。一度で確実にバストアップをすることが可能です。現在では、シリコンバッグが進化し、寝た姿勢でもバストの形が自然になるような流動性のあるものも出てきています。シリコンバッグを挿入した場合、マンモグラフィーなどの乳がん検診ができなくなる場合がありますが、がん検診も同時に行ってくれる美容整形外科もありますので、そのような病院を選ぶと安心です。

脂肪注入やヒアルロン酸注入による施術

2つめは、脂肪注入による豊胸術です。自分自身の脂肪細胞を吸引し、バストに注入する方法です。脂肪は、太ももやお腹などの柔らかい部分のものを使用します。不自然な硬さも無く、感触や動きも通常のバストと変わりありません。人に気づかれる心配もほとんどないでしょう。ただし、注入した脂肪の生着率には個人差があり、大きなバストアップができない場合もあります。症例が多く、脂肪の定着率を高める施術を行っている施設を選ぶことが重要です。3つめは、ヒアルロン酸注入による豊胸術です。注射による注入なので、傷跡の心配がありません。施術時間は10分程と短時間で、注入直後からバストアップを実感できます。感触や動きも通常のバストとほとんど変わりません。ヒアルロン酸は人体に吸収されてしまうため、持続期間はおよそ2年間程です。良心的なコストで、メンテナンスもしっかりしている施設を選ぶと安心です。

Copyright © 2015 しつこいクマも美容整形の魔法で治すことができる All Rights Reserved. http://f-tpl.com